風邪っぴき

あいかわらず喉が痛いのですが今日になってクシャミ鼻水大フィーバーです。
・・・ああ、こりゃ風邪だ。カラオケどころじゃありませんな。
というわけで会社帰りに風邪薬買ってきてとっとと帰宅しました。

風邪といえば思い出すことがあります。もう10年以上前のことになりますが・・・




私め当時大学生でした。当時は演劇系のサークルに入っていたのですが
ここがやや体育会系でして・・・有料発表会はなく、年に1度の無料発表会で
上演するのが一番の目標だったのですが、それに向けガンガン練習して、
指導者の方にガンガン駄目出し喰らってまたそれを直す、年に一度の稽古合宿では
余暇レクリエーションなぞまったくなく朝から晩まで合宿場にひきこもりで練習駄目出し
訂正練習駄目出し雷ドカン・・・というところでした。果たしてホントに厳しい所と
比べたらどうだったのかなんてわかりませんが、何事温室育ちの私めにとっては
色々と怖かったです(<なんたる感想)

ある年、その稽古合宿の数週間前に私めあろうことか風邪をひいてしまいました。
喉の調子が悪いのはもちろんの事、熱まで出てしまって・・・これはマズイ。

折りしも大学は夏休み中。しかし稽古合宿前は練習で予定がぎっしりでして・・・
しかし、たとえ風邪っぴきでも、年に一度の稽古合宿前ですから、
練習休むなんていえないわけですな。そして声をつかうところだったので
喉が痛いからといって声を出さないわけにも参りません。いやはや参った。
(よく考えると無理やり行って風邪うつすほうが危ないですが、当時はみんな
若くて元気だったからその可能性を考えてなかった・・・ まさに若気の至り orz)

結局熱がさがらないまま練習に行きました。解熱剤やらなにやら飲んだのに
熱はその後5日位さがらなかったのですが、練習を経て合宿のころには
ようやっと下がってました。

熱もあるし具合悪いし練習なんてムリ と思っていたのですが、やる気になれば
なんでもできるもんだ、と思いました。風邪を誰にもうつさなかったのもまた幸いでした。

これがわが学生生活で一番熱い夏でした。

・・・あれから随分経ちました。私め日頃は殆ど話しません。話したとしてもちっとも
大声じゃありません。それがカラオケになると日頃の喋り方とうって変わって声が
でかいものですから(いやホントに声量のある方と比べれば私めまだまだですが・・・)
初めてカラオケに一緒に行った方には大抵びっくりされます。普段とガラリと違う
そういう声を得られたのは、学生時代のこのサークルの賜物、なのかもしれません。
[PR]
by kimagure_goten | 2008-05-14 23:12 | つれづれ
<< まだ風邪っぴき カラオケつれづれ >>