カテゴリ:演劇( 2 )

コマで見かけたミョーなもの

機会があって、新宿コマ劇場で上演されている、小林幸子さんの一ヶ月公演を
見に出かけてまいりました。・・・と申しましても今回の公演、毎年私奴がしばしば
いろんな公演を拝見しに参っております石橋雅史氏がご出演というわけではなく、
たまたまチケットが手に入ったので見に行くことができたというもの。

この公演、第一部は劇、第二部は歌謡ショーという、演歌歌手さんの公演では
定番の構成。第一部の劇は勧善懲悪、最後は主人公の恋も実ってハッピー
エンドという感じ。今回の公演では、テレビ時代劇再放送の敵役でしばしば見かける
ばかりか、最近は旅番組でもそのお姿を拝見する田口計氏の悪役を、私自身
はじめてナマで見られたので、それでもう大満足です。(ちなみに田口さんが
日経朝刊で『青春の道標』というコラムを最近連載してるのはぜんぜん知らなかった・・・
電車で日経よんでるオッチャンを覗き見てはじめて知ったのですが・・・
前のも読みたい・・・)また、第二部の歌謡ショーでは、昨年末の紅白歌合戦の
衣装もナマで見られまして、これまた、かーなーりー楽しかったです。

さて今回の公演、演歌歌手さんの御興行ということもあってか、ご来場のお客様の
年齢も高く、客席の大半はおそらく50代以上という感じでありました。そんな
公演会場のロビー内、公演パンフやまんじゅうやCD・カセットを売っている売店
スペースの近くに、なにやら会場の雰囲気にそぐわないものが・・・

それはなにかとたずねたら?
[PR]
by kimagure_goten | 2006-01-20 11:28 | 演劇

某劇団さんの広報誌

私自身、お芝居についての知識なんてものは皆無に等しいのですが、じつはさる劇団さんの広報誌を購読しております。購読料は1年間で1000円ちょいなので、そこに直接取りに行く手間や送料を考えると、はるかにお得。しかも、広報誌送付のみならず本公演のDMもちょくちょく送ってくださり、さらに私奴のような末端の広報誌購読者にさえまでも季節のご挨拶はがきを下さるという、なかなかステキで律儀な劇団さんです。こちらの劇団さんの広報誌は、読むところが多いのももちろんなのですが、有名劇場で行われる有料公演のみならず、劇団内稽古場や小劇場で行われる無料公演も広く紹介してくれているのがよいところ。とりわけ私奴のようなビンボー人にとって、無料公演は助かるので、予定さえあえば大ラッキー。おかげさまで何度か無料公演を拝見する機会にも恵まれ、まったくありがたいかぎりです。

ちなみに-この劇団さんの無料公演は、研修生の方々による発表会が多いのですが、拝見しに参りますと、いつも俳優の卵さんの熱意が舞台の隅々からバシバシ伝わってきて、みんながんばれーと応援したくなるとともに、見ているこちらのほうが、いろいろとグータラしてないでもっとしっかり日々をすごさないとな、と反省させられることばかりです。私奴は結局、こういうまっすぐでひたむきな努力をして何かを成すということなしに、ここまできてしまった。もちろんこれから演劇の道に進もうなんてことは思いもしないけれども、こうしてがんばってる若い方々のことを拝見すると、なんだかこのままじゃいけないなー、という気がいたし、身のすくむ思いがします・・・。

(蛇足>当ブログでこちらの劇団さんの名前を明かしていないのは、結局私奴がこの劇団さん御主催の有料公演を、今年一度も見に行っていないから。広報誌を購読しているのにこの有様では、そちらの劇団さんのファンとは、とてもじゃないけどいえませぬ・・・)
[PR]
by kimagure_goten | 2005-12-06 23:52 | 演劇