カテゴリ:特撮書籍あれこれ( 11 )

付録

本屋で遅れ馳せながら最新のホビー誌を立ち読み。
今年の夏はスイカつきデネブたんで決まりですな。@フィギュアーツ
ソフビも出ないなんてと嘆いていたのですが
いきなり恵まれた商品化の御話が来て嬉しいです。

ホビー誌ってのはどうしても高いのでいつも立ち読みで済ましているのですが
立ち読みで済ませられないのが幼年誌。てれびくんとかテレビマガジンとかですね。
ああいうのって付録とかついてて絶対立ち読みできません。なので、贔屓の作品が
あるときは毎月買わざるを得ないのですが、今年はそこまでのはないから
まぁ買わないでもいいかなと思っていたのです。しかし・・・

今月のテレビマガジンの付録。
「大怪獣バトルけしゴムスペシャル10BOX」。
なつかしい感じのする塩ビみたいなちっちゃい人形が
10個ついて定価据え置き500円。

しかもラインナップが・・・
パワードバルタンやEXゴモラ・・・は比較的新しい気がするのですが、
ベムラーにゼットンにベムスター、ブラックキングにナックル星人に
エースキラー、タイラントにマグマ星人・・・
・・・ってなにこの大きい御友達向けラインナップ orz


・・・買いました。
[PR]
by kimagure_goten | 2008-05-12 00:25 | 特撮書籍あれこれ

全スーパー戦隊超ロボ・必殺わざバトル100超百科

・・・なんて本が講談社様から出てたので立ち読み。
今月テレビマガジン買ったのにチェックしそびれて告知に気付かなんだ・・・不覚 orz

トータル100ページ強に、膨大な作品群のそれぞれの情報を少ないページに
詰めたのは中々凄い業と思います。各作品の物語概略&名シーンを簡単な
範囲で、名勝負スチールをちりばめて紹介している、という感じがしましたね。
その結果「超ロボ」とか「必殺わざ」の紹介は簡単な範囲にとどまってますが
まぁ余りそのことは気にはなりませんでした。

ダイナマンの項に限って申しますと、最近の本にはあまり載ってない
スチールがぽつぽつと載っていて、目を引きました。あ、このお写真、
『スーパー戦隊大全集』で見たよ!・・・みたいなのが。(懐かしい)
最近出た子供向けの本の中ではスチール写真が多いほうではないでしょうか。

・・・というわけで結構気に入ったので、結局買ってきてしまいました・・・。
[PR]
by kimagure_goten | 2007-11-23 23:21 | 特撮書籍あれこれ

1日発売の雑誌が出揃いました

今日一日で特ニュー・ヒーローMAX・テレマガ・てれびくん・
ハイパーホビーを全部買ってしまった俺、惨状・・・orz

普段はこんな買い方は絶対しません。大抵古本待ちです。
でも今月は違います。なんたってゲキレンジャー電影版公開3日前ですからな!

で、期待通りありました、石橋雅史氏のインタビュー。
特ニューとヒーローMAXで。こりゃ買わずにはおれんでしょ!!

そしてついでにヤン様のお写真が多いというただそれだけの理由で、
徳間書店様の絵本・「さいしんえいがのおはなしブック」(電王&ゲキ)まで
買ってしまいましたとさ・・・

現役戦隊作品への御出演となるとこういうことになるのですね。
追う方も大変ですが、これはとても幸せな大変さだと思います。
[PR]
by kimagure_goten | 2007-08-01 23:54 | 特撮書籍あれこれ

朝日ソノラマ解散

朝日ソノラマ、債務超過で9月に解散・・・朝日新聞が事業継承(読売新聞社さまサイト)

なんと、朝日ソノラマさんが「解散」だそうです。びっくりしました。
ソノシートには幼少の折お世話になりましたし
ガンダムイデオンブライガーに破嵐万丈シリーズと
ソノラマ文庫にもお世話になりまくっておりましたし
雑誌「宇宙船」やダイナマンのファンコレにもお世話になりましたし・・・

特撮雑誌のパイオニアたる「宇宙船」は休刊になってしまったけれども、
今まで培ったノウハウでこれからも良い本を出し続けてくれると
思っていたのですが・・・イヤーブックもファンコレもこれから
どうなってしまうのでしょう。嗚呼。(初期戦隊ファンコレ再販を
密かに期待していたのですが・・・あ、そういえばヒーローヴィジョンも
朝日ソノラマさんでしたな)

朝日ソノラマさんの事業は親会社の朝日新聞社さんが引き継ぐとはいえ・・・
まさか会社自体の名前もなくなってしまうなんて思いもしませんでした。

時代は無情にもうつり行くのですね。さみしいです。
[PR]
by kimagure_goten | 2007-06-21 22:15 | 特撮書籍あれこれ

書籍二種

最近発行された書籍より。

1.『テレビマガジン』07年2月号

付録に、「テレビマガジンオリジナル 30スーパー戦隊せいぞろい!パーフェクト
バトルDVD」なるソフトがついております。早速買ってきて拝見しましたが、名前の通り
歴代各戦隊の「バトル」を中心に紹介しており、変身後アクション+ロボ戦に、各戦隊を
紹介するナレーションが被る、という感じの編集のようです。『ダイナマン』については
約1分ほど紹介されておりました。DVDの総収録時間が約30分くらいのようなので、
1戦隊あたり1分くらいでまとまっているのかもしれません。なお、変身前の役者さんや
素面幹部の皆様の出番は、どの戦隊もございませんでした。・・・最新作のガジャ様を除いて。


2.『東映ヒーロー悪役列伝』

「東映ヒーローMAX」の辰巳出版さんが、長期連載「東映ヒーロー悪役俳優列伝」の
再録を軸に編集した、悪役づくしの1冊。連載されたインタビューは、02年創刊時、
第1回の堀田真三氏から始まって、06年夏、第14回の石橋雅史氏に終わるという
渋めのご選択でしたが、今回出たこの本もかなり渋めな感じ。なんてったってほぼ1冊
まるごと、昭和特撮な感じなのです。最初に掲載されている書き下ろしコラムでは、
安藤三男氏・潮健志氏・天本英世氏についての文章なのですが、その書き出しで
触れている作品は、なんと『七色仮面』!・・・渋い、渋すぎる・・・。だが、そこがいい!!
(でも平成の作品も少し扱ってますし、最新情報もちょこっとですがありました。もうすぐ出る
戦隊Vシネマで、復活のフラビージョを演じられる山本梓さんのインタビューが載ってます)

そのほか、書き下ろしコラムの箇所にもかなり情報量もありますし、06年夏号に載った
石橋氏へのインタビューと今回の再録版のつけあわせもしたいので、それが終わったら、
HPのほうへ情報を反映させたいと思っております。
[PR]
by kimagure_goten | 2006-12-29 00:20 | 特撮書籍あれこれ

「あの人はいまこうしている」に萩原佐代子さん

今回扱う媒体は特撮書籍ではないのですが、内容が『ダイナマン』系の御話になるので
このカテゴリで。

いわゆる日刊夕刊紙・「日刊ゲンダイ」の長期連載に、「あの人は今こうしている」という
コーナーがあります。タイトル通り、いわゆる「あの人は今」ものの系譜になるんでしょうが、
最近ここで、ダイナピンク・立花レイを演じられた、萩原佐代子さんが取り上げられたそうで。

萩原さんご本人様のブログにも、日刊ゲンダイに載った御話が書かれていらしたので、
何のコーナーなのかと気になっていたら、このコーナーだったんですね。でもご本人様の
語った内容と、一寸違う風に載ってしまったようで・・・。このコーナー、御話された内容を
そのまま載せる形式の純粋なインタビューではなく、記者さんの書いた記事と御話の
内容を組み合わせて掲載するという形式ですから、萩原さんが御話して下さった事にも
掲載までに編集が入っているかとは思われるのですが、それがご本人様が話してない
所まで飛躍しちゃうとなりますと・・・むむ、難しいものです。

とにもかくにも・・・最近は新作ご出演や特撮系インタビュー掲載など、決して「最近全く
見ない」わけではない萩原さんのご活躍。萩原さんの今後のご健勝ご活躍を、私めも
陰ながら応援しております。
[PR]
by kimagure_goten | 2006-11-19 23:19 | 特撮書籍あれこれ

雑誌「FLASH EXCITING」9月15日特別号

*注意:今回の記事では、取り扱う雑誌の性質上、低年齢層の方々に
有害と思われる文面を含みます。ご了承ください*

最近発売された写真雑誌・「FLASH EXCITING」9月15日号で、「29大スーパー戦隊
大百科」という特集が!!12ページにわたって、『マジレンジャー』までの歴代スーパー戦隊
作品を、作品毎に写真入で簡単に紹介。雑誌が成年男性向けのものというのもあってか、
ほとんどの作品では、ヒロインをピックアップした紹介が入っていることが多いです。

中でも、『ダイナマン』の立花レイについては別格の扱い。というのも、レイ役を演じられた
萩原佐代子さんのインタビューが載っているからです。今回の特集では、歴代スーパー戦隊の
ヒロインの皆様にインタビューを取ったり、或いは最近発表された談話を紹介しているのですが、
全12人のヒロインの皆様の中、80年代のヒロインインタビューは萩原さんただお一人。たしか
何年か前に出た「FLASH EXCITING」での戦隊特集でも、萩原さんはインタビューに答えていらしたと
思うのですが、今回も同誌はばっちりインタビューを取って下さいました。すばらしい・・・!!

「FLASH EXCITING」は、写真週刊誌「FLASH」の増刊で、どこからどうみても成人男性向けの雑誌。
でも、時折特撮系でやたらと気合の入った特集記事が載るのです。たしか前回の特集は「昭和仮面
ライダーシリーズ」。昭和の歴代ライダー(初代~スーパー1)を演じられた皆様全員にインタビューを
取って来るという熱の入りようでした。こちらもすばらしい特集でした。

でも、この雑誌、やっぱりどうしても男性向けの雑誌。今号の他の記事内容といえば・・・

以下刺激的な見出しが続きます
[PR]
by kimagure_goten | 2006-08-19 23:00 | 特撮書籍あれこれ

待っていたんだぼくたちは@「東映ヒーローMAX」

早いもので、私めが『ダイナマン』にハマった-即ち、ジャシンカ帝国のカー将軍に理想の指導者の
面影を見てから、すでに5年が経ちました。あの頃、2001年のはまりっぷりたるや、我ながら凄かったと
思います。とにかく『ダイナマン』、それにカー将軍を演じられた石橋雅史氏の関連資料を集めるのに、
躍起になっておりました。

やがて-幸いな事に、幾つか石橋氏のインタビューを拝読する事ができました。その中でもっとも
新しいものは、2000年に辰巳出版様より発売された雑誌・「キャラクター魂 Vol.5」に掲載された
ものでした。この雑誌、懐かしいアニメ・特撮・マンガをディープに特集しており、Vol.3でも、映画版
「空手バカ一代」特集なんていうステキすぎる特集を組んでいたりしていたのですが、Vol.5では、
『ゴレンジャー』と『ジャッカー電撃隊』の特集ということで、ヒーローサイドの誠氏や宮内氏ばかりか、
敵役サイドの飯塚昭三氏や、石橋氏にもインタビューを取ってくださったのです。なんと有難いことか・・・!
(ちなみに、このインタビューについては私めのホームページの書籍情報のところでは紹介しては
いなかったんですが、思い直して追加する心積もりです)

当時、手持ちの資料はとかく80~90年代の参考資料が中心となっている中で、「2000年の雑誌」と
いうのは、相当新しい部類の資料。それに石橋氏の「今」の声が載っているとなると、感慨もひとしおです。
インタビューの内容は、『ジャッカー』特集という事もあってか、鉄の爪の話題が中心。当時の思い出話や、
敵役を演じる上での石橋氏の役作りについて等、興味深い御話に溢れていました。

このインタビュー、シメには「次号へ続く!?」なんて言葉もあったので、続きがあるのかと期待して
探しておりましたら・・・コレが無かったのですよ。なんと、「キャラクター魂」はVol.5を以て休刊に・・・!
嗚呼、Vol.5にはVol.6の予告も載っていたというのに・・・!01年の段階で雑誌が続いてないと
知ったときは、やはり凹みました。

でも。月日は流れその翌年、2002年に辰巳出版様はふたたび東映特撮を扱う雑誌を創刊されました。
それが「東映ヒーローMAX」です。今度は話題を東映特撮に絞り、巻頭では東映の最新作-当時は
『ハリケンジャー』と『龍騎』-を特集していましたが、先へ先へと読み進めていくと、懐かしめの話題も
バッチリフォロー。まさに、あの「キャラクター魂」の後継的な要素に溢れた雑誌だったのです。

その中でもっとも私めが注目した連載が、「東映ヒーロー悪役俳優列伝」。数多の東映特撮作品で
印象的な敵役を演じられた俳優諸氏への超ロングインタビューを数ページに渡って掲載するという、
素敵すぎる連載だったのです。かつて、あの「キャラクター魂」で石橋氏に素晴らしいインタビューを
取って下さった辰巳出版様のことですから、絶対絶対、また石橋氏にロングインタビューを取って
下さるに違いない!そう思って、毎号毎号楽しみに「東映ヒーローMAX」を立ち読みしておりましたが・・・

・・・来ない。瞬く間に時は過ぎ、『ハリケンジャー』は終わって『アバレンジャー』が始まり、やがて
『デカレンジャー』『マジレンジャー』も終わったのに・・・まだ、来ない。そりゃ、魅力的な敵役を演じられた
ほかの魅力的な俳優さんにインタビューを取って下さるのはもちろんとても嬉しいことで、それぞれの
皆様のインタビューも興味深く拝読させて戴いたものですが、初期戦隊の敵役サイドを強固に支えて
くださった石橋氏の番がなかなか回ってこないとなると、失礼ながら、「?」と思ってしまうのがファン心理。

この間、辰巳出版様に「悪役俳優列伝に石橋氏を!」という葉書を出そうかと、何度逡巡した事か!
何故来ないのか?いつになるのか?という疑問を、幾度自分の中で噛み砕いてきた事か?次こそは、
次こそは・・・!という期待を寄せ続けて、早4年・・・。

ようやく、ようやく、ついに来たのですよ・・・!8月1日発売の、「東映ヒーローMAX」Vol.18で!
石橋氏の、ロングインタビューが・・・!!やはり辰巳出版様はやってくれました!途中で少しでも
疑ってしまった我が身をただ恥じるばかりです。ありがとう・・・!!

まだまだ続きます
[PR]
by kimagure_goten | 2006-08-01 19:45 | 特撮書籍あれこれ

『30大スーパー戦隊 ひみつファイル』

幼年雑誌の老舗・小学館発行の絵本『30大スーパー戦隊 ひみつファイル』。
戦隊30作品目の『ボウケンジャー』開始に先立って発売されました。
ページが厚紙でできているモロ子供向けの本、かつ大きさは雑誌『てれびくん』の
半分弱というちいさな絵本であり、ページ数もあまり多くはありません。
各戦隊の紹介も、旧作は1ページ、最近作のうち『ガオ』『マジ』『ボウケン』は
2ページで、それぞれ変身後の戦士たちの大きい写真に、変身前の戦士たちや
敵組織の集合写真の小さいの、そして敵との対決シーンの小さい写真がそれぞれ
1枚ずつ掲載されている・・・というのが基本構成です。(でも『ボウケン』に
敵組織の写真はなかったような気がする・・・)

厚紙かつ印刷がいいこともあってか、この本は正価で840円。
戦隊30作メモリアルとはいえ、まあページ数も多くはないし
初期戦隊の扱いも各々1ページだけだし、買わなくていいか、と
思ったのですが・・・よーく見てみると・・・

個人的にヤバイチェックポイントが
[PR]
by kimagure_goten | 2006-02-03 20:48 | 特撮書籍あれこれ

雑誌『特撮ニュータイプ』3月号

さて今日は1日。いろいろな特撮・ホビー関係の雑誌が出る日です。
というわけで、とりあえず「ハイパーホビー」「東映ヒーローMAX」「特撮ニュータイプ」を
ばばっと立ち読み。今回は『仮面ライダーカブト』開始直後&『ボウケンジャー』開始直前と
いうことで、新作紹介にも熱が入っていますが、ほかのみどころというと・・・

「ハイパーホビー」:戦隊シリーズカード@森永ウエハースのオマケの絵柄全公開
「東映ヒーローMAX」:『マシンマン』『サンバルカン』特集&曾我町子氏ロングインタビュー

といった感じ。あと「特撮ニュータイプ」はというと、カラーページの目玉はやっぱり
『リュウケンドー』特集(メインキャストインタビュー)ですが・・・

それだけじゃなかったんですヨ
[PR]
by kimagure_goten | 2006-02-01 23:55 | 特撮書籍あれこれ