カテゴリ:懐メロ( 8 )

『緑の地平線に消えた男』

・・・という本の広告を、数日前の新聞で見つけました。

正式なタイトルは、『緑の地平線に消えた男-悲劇の歌手楠木繁夫とその時代-』
というこの書籍。昨年刊行されたそうですが、全然知らなかった・・・。

大手書店では軒並み取り寄せないと取り扱いがない、または在庫僅少だそうなので
立ち読みは難しそう。それなら公立図書館なら在庫があるだろうかと思って検索を
かけてみたら近隣の図書館に何冊かあるみたいなので、取り寄せればなんとかなる!と
思ったのですが・・・

・・・どこも貸し出し中のところが多い!これまであまり楠木氏を扱った書籍というのは
見たことがございませんし、どこの図書館でも、ファンの方が借りていらっしゃるケースが
多いのでしょう。

・・・なんにせよとりあえず早く拝読してみたいので、リクエストを出したらどこからか
ぱぱっと用意してくださるバイト先近くの図書館に、近々リクエストを出してこようと思います。
[PR]
by kimagure_goten | 2007-03-21 23:42 | 懐メロ

昭和歌謡大全集

ここ数回撮りそびれが続いていた『昭和歌謡大全集』(テレビ東京系)。
今日オンエア分は無事に録画できました。よかったー。

藤山一郎氏のお歌は『燃える御神火』でしたが、若干短かったかなぁ・・・。
ディックミネ氏の映像は白黒の『ダイナ』。やっぱりおしゃれだよなぁとしみじみ思います。
今回伊藤久男氏のお歌&映像がなくて残念無念。いつぞやの『昭和歌謡大全集』で
拝見したときに足が長くてスタイル良くて、びっくりしたことが・・・。また拝見したいです。

そういえばNHKBS2で明日の夜「ビッグショー」という昔の歌番組の再放送があり
特集がディックミネ氏なんだとか!あれま羨ましい。でも我が家ではCSのみ
ならず、BSも映らないんですな・・・かなしい。地上波でやってくれよー。
[PR]
by kimagure_goten | 2007-03-04 23:11 | 懐メロ

中島みゆきさんのソング大会@ヒトカラ

25日の日記のつづき*

過日、久々に一人カラオケに行ってきました。25日の日記に書いた「わかれうた」とか
「宙船」にほだされ、今回は中島みゆきさんの曲ばっかり歌ってみましたが、悲しいかな
やっぱり1時間持つほど曲を存じ上げていないんだなこれが・・・我ながらヌルいです、いや全く。
結局、なんだかんだで歌う曲には「UFO戦士ダイアポロン」とか混じってしまいました。
(ジャンル違いすぎ)

今回唄ったのは、基本的には「大吟醸」に収録されている歌ばっかり。でも、その他最近大ヒットした
「地上の星」とか、例外的に知っている「うらみ・ます」とかも。でも現在手元にどの曲も音源がないから
音が外れるわ外れるわ・・・。ああもうスミマセン。やっぱりどっかで「大吟醸」買い直すか・・・。

ちなみに「宙船」のほうは結局CD買ってません。あの曲が主題歌になっている日テレさんのドラマ-
「マイボス・マイヒーロー」も、実は見たことがなかったのですが、流行に明るいマイマザーがこれまで
何度かドラマを見てるという事で、先週の土曜日に一緒に視聴してみることに。五十路前半の母が
ドラマの説明をし、二十代後半の私がその説明をふむふむと聴いている・・・かくのごとく、土曜の
夜の我が家は、年代逆転の光景が繰り広げられたのでありました。
[PR]
by kimagure_goten | 2006-09-04 00:57 | 懐メロ

昭和歌謡大全集

・・・2月に引き続き、再び3分の2見逃した大たわけは私です(泣)
先週末分までの番組表はチェックしてたのですが・・・ああああ。
とりあえず9時以降分は録画したんですけど・・・ねえ、なんで入ってないの?(泣泣)
ビデオ巻き戻して愕然としましたよ・・・

次は来年ですか・・・がっくり。
[PR]
by kimagure_goten | 2006-08-29 00:33 | 懐メロ

わかれうた

こちらのブログでは、「懐メロ」といえば昭和初期の歌のことを書いてまいりました。
-でも今回は、一寸趣向を変えて、1977年のヒット曲・「わかれうた」を。

ここ最近ハマった、好きな歌謡曲のアーティストさんは?と尋ねられましたら、私めは紛う事なく
藤山一郎さんや楠木繁夫さんのお名前を挙げるでしょう。しかし-この方々とはまた別に、
なんとはなしに私めの生活の傍らに常にあったアーティストさんの曲があります。それが
中島みゆきさんの曲です。

・・・とは申せ、正直な所-私自身がみゆきさんの濃いファン、というわけではありません。
そう言ったら怒られるくらいライトな一聴衆です。「夜会」には行った事がありませんし、
コンサートも、嘗て慶応大学日吉キャンパスの学園祭での時に1回行っただけです。
CDも、新作が出る度に買っているわけでもありません。それこそ、カラオケに気心知れた
友人の皆様と行こうものなら、みゆきさんファンの友人-この方とは一緒に日吉のコンサートへ
行った思い出がございます-から、「おぬしこの曲を知らぬのか!?」と、思い切り突っ込みを
受けること、しばしばです(恥)

でも-我が家には、私が生まれる前から、親が初任給で買ったという、中島みゆきさんの
カセットがありました。そのカセットは『わかれうた』というタイトルで、ベスト盤のような趣向だったのか、
「わかれうた」や「時代」、それに「ボギーボビーの赤いバラ」とか「冬を待つ季節」等、色々な
曲が入っていました。(今手に入るアルバムとは別な編成だったみたいですが、カセットが手元に
ないので確かめられないのが残念!まだ実家にあるのだけれど・・・)それから、ベストアルバムの
『大吟醸』。これも親が買ってきたのを、そのころはもう高校生になっていた私めがこっそり繰り返し
聴いていた思い出があります。ちなみに-それはもう随分前の事かと思ったら、ベストアルバムの
発売は96年との事。この記事を書くに当り、Wikipediaの恩恵に与って判明したのですが、
まだ10年か・・・案外最近だ。

というわけで、実家のカセットと『大吟醸』の範囲で楽曲を聴いていた私めでございましたが
気がつけばそのうちの何曲かを知らず知らずのうちに覚えておりました。それが、「わかれうた」
だったり、「時代」だったり、「ひとり上手」だったり、「あした」だったり。高校生のうちは家で鼻歌で
歌っていたのですが、それが大学に入ってから、カラオケの味を占めてしまったものだからもう大変。
マイクの力を借り、エコー効かせまくりで歌っているうちに、いつしか上記の歌は歌詞を見なくても
ほとんどソラで歌えるようになりました。十八番と呼ぶには畏れ多いし、けしてうまくはないので人様に
披露することは稀ですが、とにかく好きな歌である事に変わりはありません。

で。何で今回こんな御話をしたのかと申しますと-
この前の水曜日の夜、NHKさんでこんな番組がオンエアされました。

「あの歌がきこえる~『わかれうた』中島みゆき」
http://www.nhk.or.jp/anouta/backnumber/index.html

なんでもこの番組、視聴者の皆様から、かつて青春時代を彩った日本のフォークソングや
ニューミュージックの曲たちにまつわる思い出を一般募集し、その思い出の数々のうち
ひとつを、第一線で活躍する漫画家さんの手で漫画化し、思い出の曲をバックミュージックに
紹介するというスタンスだとか。今回の「わかれうた」では、視聴者の方の中学校のときの
失恋物語を漫画化。様々な行き違いから、好きだった人の信頼を失ってしまったという、
悲しい思い出の御話でした。それは曲の内容とは一寸違う感じでしたが、投稿者の方は
仰ってました。「わかれうた」でないと駄目なのだ、と。

私めは、途に倒れて誰かの名を呼び続けたことはありません。でも、この曲にまつわる思い出が
ないと申せば、それはうそになります。歌にまつわる人の思い出は、千差万別。そういった思いの
数々と共に、数多の名曲たちもまた、長く歌い継がれていくのだと思います。

以下、おまけ
[PR]
by kimagure_goten | 2006-08-25 23:16 | 懐メロ

緑の地平線

昔の広告センスが好きで、ときおり、昔の新聞の縮刷版をめくることがあります。
(参照>旧ブログ「キマグレニッキ」より:「むかしの新聞広告」

最近、卒業校の図書館で昭和10年の東京朝日新聞縮刷版をめくっておりましたら、
朝刊の連載小説のタイトルに目がとまりました。

・・・『緑の地平線』。

あッ!楠木繁夫さんがすばらしい主題歌を歌った映画の、原作小説ではありませんか!
プレイボーイとダンサーをめぐる複雑な御話だとは伺っていましたが・・・
朝日新聞連載だったのね、コレ!!しらなかった・・・!!
(でも後に「緑の地平線」で検索したら、連載新聞名はあっさり見つかったのでした・・・orz)

カーペンターズさんの『緑の地平線』は関係ありません
[PR]
by kimagure_goten | 2006-06-28 23:01 | 懐メロ

しまった!

テレビ東京の『昭和歌謡大全集』、とりそびれた・・・
前半見られなかったんですが、ソコで私が見たい方々はでてしまったらしい・・・
後半、私の見てる間には藤山一郎サンは出てなかったよ!あーやってもーたー・・・
年に2度の機会なのでかなりへこんでます。こんちくしょーぉーーー(絶叫)
[PR]
by kimagure_goten | 2006-03-27 23:08 | 懐メロ

ダイナ

・・・といっても『ダイナマン』のことにあらず。懐メロのほうの『ダイナ』です。

・・・なんていきなり言っても一体何のこっちゃい?な話ですが・・・『ダイナ』は、
昭和9年にリリースされた、ディック・ミネ氏のヒット曲。元々外国の曲であった
ものを翻訳したものですが、洒落たメロディに乗ったディック氏の甘く深い声が、
とても素敵に響く名曲です。

ダイナー、私の恋びぃぃとぉー
[PR]
by kimagure_goten | 2006-03-14 23:38 | 懐メロ