カテゴリ:小特集:「東京ラプソディ」( 5 )

『古賀メロディー3 人生の並木路』@ダイソー525円CD

はい、おひさしぶりの『東京ラプソディ』系御話です。

今年の春ごろから『東京ラプソディ』にハマり、手当たり次第に収録CDを聞きまくったのも、今となっては今年のなつかしい思い出。その後も、我が家のBGMで戦前の流行歌をかけてみたりしているわけですが・・・

そんな中、100円均一店のダイソーさんで気になる商品を見つけました。その名も、『古賀メロディー』CDシリーズ全10種!5曲収録で値段は525円(税込)と、ダイソーさんにしては強気の値段設定ですが、それもそのはず、このCDではコロムビアさんと組んでいるらしく、本人歌唱・またはその曲をカバーしたスター歌手歌唱の曲を収録しているのです。これを高いと思うか安いと思うかは人それぞれだと思うのですが・・・よく駅のイベントスペースで売っている歌謡曲の廉価CDでも6曲1200円とかしてるみたいなので、525円は正価にしてはまあ安いほうかなー、なんて思ってしまいます。(でも普段図書館レンタル@タダで聴いてる身としては、ちょっと高い気も・・・!)

今までは、ダイソーさんのCDといえば、歌の入っているCDといえば洋楽で、邦楽については「歌のない歌謡曲」ばっかりだったイメージがあるので、歌の入ったCDが出たというだけでもビックリだというのに、それが古賀メロディとなると・・・そりゃあ10種類も出てるんですから、『東京ラプソディ』が出てない筈がなーいッ!!家の近所のダイソー(中規模)には3種類しかなく、『東京ラプソディ』を含むものはありませんでしたが、それでめげては居れません。バイト先の隣駅に大きなダイソーがあるので、頼みの綱はこちらだけと願をかけて早速に行ってみたら・・・あった、あった!『東京ラプソディ』がありましたよ!うわーい!・・・結局、早速衝動買いしちゃいました。

『東京ラプソディ』が収録されているのは、シリーズ3番目の『古賀メロディー3 人生の並木路』。収録曲は、『人生の並木路』(大川栄策氏)・『ああそれなのに』(金田たつえ氏)・『東京ラプソディ』(藤山一郎氏)・『人生劇場』(村田英雄氏)・『誰か故郷を思わざる』(霧島昇氏)の5曲です(収録時間16分55秒)。ちなみに、『東京ラプソディ』・『誰か故郷を思わざる』はオリジナルの御本人歌唱ですが、それ以外の3曲は、オリジナル歌手とは違う方によるカバーバージョン。(『人生の並木路』はディック・ミネ氏、『ああそれなのに』は美ち奴氏、『人生劇場』は楠木繁夫氏が最初に歌っています)同じ曲といえども、編曲が違い歌う歌手の方も違うバージョンを聴きますと、やはりそれぞれ違った印象を受けるような気が致します。

・・・ちなみにこのCDに収録されている『東京ラプソディ』は、編曲が佐伯亮氏。女声コーラスは入らず、1>2>3>4番の後にサビをリピート、最後はリタルダンド-だんだん遅くなる-で締めるバージョンでした。本年5/30の記事「『東京ラプソディ』アプローチ・3~アルバム別~」にも、あらためて情報を追加しておりますので、よろしければご参考くださいませ。
[PR]
by kimagure_goten | 2005-12-20 23:22 | 小特集:「東京ラプソディ」

「東京ラプソディ」その後

最近出た新作アルバムで、氷川きよしさんが『東京ラプソディ』をカバーしていると聞きました。でもコレはまだ新作だし、安くレンタルできるにはまだ日がかかるだろうから、聞くのはだいぶ後になるかしらん・・・なんて思っていたのですが・・・

・・・今日聴いて来れました。ツタヤの無料サービス試聴機のおかげで!都内のツタヤの中には会員登録さえしておればCD試聴機をタダで30分貸してくれ、その時間内ならレンタル対象CDを試聴し放題という素敵サービスをしている所が、幾つかあるのです。これは使わずにはおれますまい!

というわけで聴いてみた氷川きよしさん版の『東京ラプソディ』ですが、歌い方はかなりノリノリで
元気がよく、藤山さんとは違う感じでしたが、編曲はかなりテイチクSP盤を意識した感じ。そういえば、カラオケのCyberDAM機種では、なんと氷川さんの曲として『東京ラプソディ』が最近配信されたそうですが、これも実際に入れて見ましたら、同じくCyberDAM配信となっている、藤山一郎さん名義の『東京ラプソディ』がコロムビア佐伯氏編曲LP版に準拠しているのに対し(因みにCyberDAMのBB対応機種では、『東京ラプソディ』の背景映像が、其々の歌詞で舞台になっている東京の街をお散歩する藤山一郎さん御本人の映像になっています。グッジョブ)、氷川さん名義のはかなりテイチクSPテイストが強い感じになっているので、もしカラオケでテイチクバージョンを歌いたい場合は、CyberDAMの場合ですと、氷川さんバージョンで補えるような気がしました。(意外とテイチクSP盤っぽいカラオケって無いような気がします。UGAはコロムビアSP盤準拠ですし・・・たしかHyperJoyもコロムビア佐伯氏編曲LPバージョンのどれかだったような気がする・・・<うろ覚え)


因みに、当ブログでは曲名をずーっと『東京ラプソディ』と表記しておりまして、よく他にみかける『東京ラプソディー』という表記は用いておりませんが、此れは昭和11年発売当時の表記に準じている・・・つもりでした。でも最近、昭和11年6月~8月の東京朝日新聞の縮刷版をバラバラ眺めておりましたら、11年6月時点でのテイチク広告では確かに『東京ラプソディ』という形の表記であり、「ラプソディー」ではなかったのですが、翌月の7月のテイチクの広告を見てみますと・・・

なんと『東京ラプソディー』になっておるではありませんか(凹)

更に翌月8月の広告の表記も「ラプソディー」でありました。何時の間に変わったんだろう・・・ずーっと発売当時は棒線がないものかと思っておりましたので、びっくりしました。(なお、時代下って現代でありますが、あれこれ見ておりますと、テイチクのCDでは『東京ラプソディー』表記、コロムビアのCDでは『東京ラプソディ』表記となっている事が多いような気が致します)


因みに発売当時のテイチクの広告コピーは以下の通りです(全て「東京朝日新聞」より)>

「ラヂオ放送で大好評を博せし待望の名盤」(6月18日)

「嵐の歓呼をあびて堂々と待望の名コンビ豪華盤發賣さる!」(6月25日)

「賣れる!賣れる!今夏最高のヒツト盤 山に海に 街に満ち溢れるこのメロデイー」
(7月26日)

「遂に築かれた流行歌界の金字塔」(7月28日)


・・・漢字遣いや言い回しに時代が感じられますが、まあ兎に角、当時も売れに売れた事は推測がつきます。(8月になっても「遂に!築かれた流行歌界の金字塔」のコピーは何度かおみかけしました)個人的に気に入ってるのは、6月25日の広告。横長の比較的大き目の広告に、歌詞の抜粋・趣有るイラスト・歌手の藤山さんと作曲の古賀さんの御写真等が、上手くレイアウトされています。また時間があったら、ほかの月の広告もあれこれ探してみたいものです。
[PR]
by kimagure_goten | 2005-06-07 23:56 | 小特集:「東京ラプソディ」

「東京ラプソディ」アプローチ・3~アルバム別~

今回「東京ラプソディ」について調べる際に参考にしたカセット&CDを、バージョン毎に列挙してみます。勿論、既発売作品全てをカバーするのはとても無理ですので、ここで紹介しているのは、此れ迄発売されてきた音盤の内ごく僅かな範囲となってしまうのですが、『東京ラプソディ』のバージョン違いにつきまして、何らかの参考になりましたら幸いです。

ただ、私自身、昔の歌謡曲につきましては超の着く程青二才のドシロウトですので(検索でこちらのページに辿りついた方へ>当ブログは特撮やアニメをぬるめに愛でる、底浅きオタクのブログです)、畑違いの知ったかぶりもいい所ですが、若し実際と違う部分等ございましたら、是非メールにて御指摘戴けましたら、幸いです。

因みに、以下の参考資料の内、大半は、近所の某公立図書館にて借りて来たものでして、
その為、現在発売中のCDの情報が、イマイチ薄かったりします・・・ごめんなさい。


1:テイチク・SP盤
(1936〔昭和11〕年発売。歌詞:1>2>3>4番。編曲:高橋孝太郎氏。
品番:50448A〔B面:『東京娘』〕。)

・『わが心の流行歌(はやりうた)』(カセット、1983年発売。品番:T4K-32)

・『オリジナル版による 古賀政男大全集 4』
(セット販売のCD、全13枚の内4枚目。1988年発売。発売元:コロムビア)

・『昭和メモリアルシリーズ 昭和ヒット歌謡史-戦前編-』
(CD、発売年月日不明。品番:TECA-20087)

・『SP原盤による藤山一郎の若き歌声』(カセット、1990年発売。品番:TETA-20166)

・『愛蔵版 テイチク昭和の流行歌 Vol.1』(CD、1991年発売。品番:TECA-28237)

・『懐かしのメロディー<<上巻>>全曲集』(CD、1994年発売。品番:TECA-25589)

・『古賀メロディ誕生70年記念 古賀政男大全集 4』
(セット販売のCD、1998年発売。品番:COCA-15219。発売元:コロムビア)

・『20世紀BEST スーパーコンピレーションフェア テイチク大ヒット歌謡曲 Vol.1』
(CD、1999年発売。品番:TECE-21131)

・『古賀政男生誕100年記念 SP原盤による 古賀政男名曲集 <上巻>』
(CD、2004年発売。品番:TECE-25459)


2:テイチク・アレンジ盤
(1967〔昭和42〕年、LP『藤山一郎ヒット全集 想い出の歌声』〔品番:ST73〕発売の
為収録か。歌詞:1>2>4番。編曲:藤山一郎氏。SP盤に比べ、かなりスローテンポ。
2番と4番の間に独特の旋律の間奏が入る)


・『黄金の歌謡曲 第2集』(CD、1988年発売。品番:25CH-13)

・『懐しのメロディ三大競演』(CD、1991年発売。品番:TECA-28226)

・『~21世紀に伝えたい~永遠の名曲全曲集(上巻)』
(CD、2001年発売。品番:TECE-25224)


3:コロムビア・SP盤

(1952〔昭和27〕年発売。歌詞:1>2>3>5番。編曲:仁木他喜男氏。
品番:1517A〔B面:『月の浜辺』〕。他のバージョンに比べて相当アップテンポ)

・『SP原盤による懐かしのメロディー~藤山一郎』
(CD、1993年発売。品番:COCA-10755)

・『名唱 心にのこる古賀メロディー 保存盤』
(CD3枚組、1996年発売。品番:COCA-13858/60)


(*注:以下4Aおよび4Bの佐伯氏編曲バージョンにつきましては、

・1967〔昭和42〕年LP発売『藤山一郎歌のアラベスク』〔品番:ALS4217〕

・1972〔昭和47〕年LP発売
『不滅の歌声藤山一郎 レコード大賞特別賞 紫綬褒章受章記念』
〔品番:NZ7001~7003〕

のいずれかが初出のようですが、いずれも当方未所有の上、我が家にレコードプレーヤーがない為、LP原盤の確認がとれず、どちらがどちらか、確認がとれません。ヘボチンですいません・・・。もし御存知の方がいらっしゃいましたら、是非御教示下さいませ。)


4A:コロムビア・佐伯氏編曲LP盤A
(発売年:1967年ないしは1972年。歌詞:1>2>3>4番の後にサビをリピート、だんだんテンポを落として締める。編曲:佐伯亮氏。2番と3番の間に、2のテイチクアレンジ版と同じような旋律の間奏が入る)

・『藤山一郎全曲集』
(カセット、発売年月日不明〔但しかなり古そう〕。品番:CTY1012、8TY1012)

・『スーパー・ツイン 古賀メロディ全曲集』(CD、1989年発売。品番:CA-4153)

・『藤山一郎~酒は涙か溜息か』(カセット、1990年発売。品番:CAL-1019)

・『スーパー・ツインDX 古賀メロディ・影を慕いて』
(CD、1990年発売。品番:COCA-6957)

・『影を慕いて 古賀政男大全集 2』
(セット販売のCD、全15枚の内2枚目。1987年発売。品番:COCA-6402)

・『懐かしの歌声名曲集 藤山一郎*酒は涙か溜息か』
(CD、1994年発売。品番:COCA-12041)

・『藤山一郎全集<<1>>』
(セット販売のCD、全5枚の内1枚目。1995年発売。品番:GES-30824)

・『古賀メロディー3 人生の並木路』
(CD、2005年冬に株式会社大創産業〔100均のダイソー〕より発売。525円商品。
品番:500CD-S-23)
(05/12/20追加)


4B:コロムビア・佐伯氏編曲LP盤B
(発売年:1967年ないしは1972年。歌詞:1>2>3>4番の後にサビをリピート。
編曲:佐伯亮氏だが、バックに女声コーラスが大きく入り、間奏も前奏と近いものである上、
最後のサビの繰り返しの際の「夢のパラダイスよ」の箇所が女性コーラスのみになっている・・・等、4Aとはアレンジが異なる)

・『オールスター 昭和10年代の流行歌』(カセット、1993年発売。品番:COTA-2573)

・『藤山一郎全曲集』(CD、2004年発売。品番:COCA-72121)


5:ビクター版
(収録及び初版発売年月日不明。歌詞:1>2>3>5番。編曲:近藤進氏。
3番のコロムビアSPと比べたら比較的ローテンポ)

・『懐かしの歌声大全集(上)』(カセット、発売年月日不明。品番:VCH-3581)

・『NHK 昭和の歌 心に残るベスト200曲(下)』
(カセット及びCD、1990年発売。品番:VICL-5022〔CD〕、VICL-5017〔カセット〕)


6:ポニーキャニオン版
(編曲:竹村次郎氏。歌詞:1>2>3>5番。編曲:竹村次郎氏。比較的アップテンポで、伴奏もポップな感じ)

・『藤山一郎 我が青春』(CD、1993年発売。品番:PCCA-00499)


7:株式会社F.I.C版
(歌詞カード無の為編曲者不明。歌詞は1>2>3>4番。4番の後に「東京ラプソディ 花の東京」という歌詞が入る)

『永遠の懐メロ 藤山一郎全集』(CD、発売年月日不明。品番:EX-1001)


*参考資料*

・『オリジナル版による 古賀政男大全集』付属冊子(カセット及びCD、1988年12月発売。)

・『歌手生活60周年記念 コロムビア・オリジナル原盤による 藤山一郎大全集』付属冊子

(カセット及びCD、1990年発売。CD全11枚組。因みに『東京ラプソディ』は歌入では

未収録、カラオケバージョンのみを収録)


ちなみに、今回調べるにあたって、最初のうち、頼みの綱のツタヤでは藤山さんのソフトの在庫が少なくて途方に暮れてしまったのですが、寧ろ、懐メロ愛好層にも需要のある、近隣の公立の図書館のほうが在庫が豊富で、とっても助かりました。(レンタル料タダだし・・・)
[PR]
by kimagure_goten | 2005-05-30 23:59 | 小特集:「東京ラプソディ」

「東京ラプソディ」アプローチ・2~種類別~

ツタヤと公立図書館を探した結果、UGAのカラオケで採用されている、テンポの速い1>2>3>5番バージョンは、昭和27年発売のコロムビア版SPを基にしているとわかりました。判ってとってもすっきりしました(笑)

因みに、『東京ラプソディ』は、藤山一郎さん御本人歌唱によるものだけでしても、計8バージョンありました。詳細は以下のとおりです。(なお、歌詞は1番:「銀座」>2番:「神田」>3番:「浅草」>4番:「新宿」>5番:「東京」です)


・テイチク>2バージョン
(初版の昭和11年SPバージョンは高橋孝太郎氏編曲、歌詞は1>2>3>4番。
昭和42年発売LPバージョンは藤山一郎氏御本人による編曲、歌詞は1>2>4番。)

・コロムビア>3バージョン
(うち1バージョンは先述の昭和27年発売SPで、仁木多喜雄氏編曲。歌詞は1>2>3>5番。昭和42年及び49年発売LPの2バージョンはそれぞれ佐伯亮氏編曲だが、アレンジが異なる。歌詞はいずれも1>2>3>4番で、いずれも4番の後に「楽し都」以降のサビを一度リピート)

・ビクターバージョン
(初出不明、近藤進氏編曲。「懐かしの歌声大全集(上)」などに収録。歌詞は1>2>3>5番)

・ポニーキャニオンバージョン
(竹村次郎氏編曲。93年発売のCDアルバム「藤山一郎 我が青春」〔品番PCCA-00499〕に収録。歌詞は1>2>3>5番)

・株式会社F.I.Cバージョン
(歌詞カード無の為編曲者不明。CDアルバム「永遠の懐メロ 藤山一郎全集」〔発売年月日不明。品番:EX-1001〕に収録。歌詞は1>2>3>4番。4番の後に「東京ラプソディ 花の東京」という歌詞が入る)


・・・と、まあこんな感じです。でも、更に探せば、まだまだたくさん出てくるような気がしております・・・。


なお、この『東京ラプソディ』のことについては、まだコロムビアの佐伯氏編曲の2バージョンのうち、どっちが昭和42年版で、どっちが昭和47年版かはっきりしないので、それがはっきりしたら、完結編をブログにUPしたいと思っています。でも、それにはまず、LPプレーヤーを買わないと・・・(焦)
[PR]
by kimagure_goten | 2005-04-16 21:38 | 小特集:「東京ラプソディ」

「東京ラプソディ」アプローチ・1~バージョン違いあれこれにビックリ~

明治座3月公演内で群集が楽しげに歌い、たいへん印象的な使われ方をしていたおかげで、最近勝手にマイブームとなっている、昭和11年に大ヒットした藤山一郎氏の名曲『東京ラプソディ』でございますが、早速CyberDAM・HyperJoy・UGAの3機種でヒトカラし、それぞれ歌ってみました所・・・。CyberDAMとHyperJoyは左程に違和感もなかったのですが、ビックリしたのはUGAのバージョン!まずテンポがえらく速い!そして更に驚かされたのは歌詞について。UGAのバージョンは、4番が丸々オミットされている代わりに、昭和11年リリース当時は収録されなかったという、5番の歌詞が採用されていたのです。私自身、UGAのカラオケに行った時点で、5番の歌詞が吹き込まれたCDは聞いた事がなかったので、驚きました。

もともと、昭和11年当時に、『東京ラプソディ』がテイチクレコードより新曲としてリリースされた際は、作曲者の古賀さんの御指示で「1番:銀座>2番:神田>3番:浅草>4番:新宿」の地名を織り込んだ歌詞構成となったそうで、SP盤の吹き込みも4番迄になっているのですが、実の所作詞者の門田さんが一番最初に作詞したのは、「東京」を歌詞に織り込んだ、幻の「5番」で
あった・・・という御話を、何かの本で読んだ覚えがあります。最近出版された、『東京ラプソディ』を載せている愛唱歌集の本などでは、5番の歌詞を載せているものが多いのですが、さてそれで実際に藤山さんが歌っている音盤を探すとなりますと、なかなか5番の入っている音盤が見つかりません。

因みに、『東京ラプソディ』は、大流行歌ということもあってか、上記の5番の有無を除いても、バージョン違いの多い曲のようです。私自身、興味本位で、藤山さん御本人歌唱の、テイチクレコードとコロムビアレコードのCDを借りてきたのですが、借りて来た4枚のCDの曲のバージョンが、ぜんぶ違うだなんて、一体・・・!?全部が藤山さん御本人歌唱ですが、それぞれに結構違うのです。それぞれのCDのライナーノートにも、其々のバージョンが何時収録されたのか明確には書いてなくて、果たしてどれが何時頃の収録なのか、色々考えるだに脳味噌がグルグルします。

更に、偶々レンタル屋さんにあった、140万曲検索&冒頭部のみ試聴可能という自由操作の試聴システムでこの曲を検索してみたところ、借りてない&見つけてないCDの音源で、また違いそうなバージョンが、幾らかある・・・。恐るべし『東京ラプソディ』!でもこうしてあれこれ探すのも、それはそれで中々楽しいので、ここは是非もう一寸精進して、探し当てたいと思っています。

・・・なお私自身懐メロにつきましても全くのドシロウトで、あれこれ語るほどの知識は有しておりませんので(大体、明治座で出てきた歌詞が何番だったか覚えてない〔凹〕)、私の管理しておりますホームページ自体に関連コーナーを作り、記事をアップロードするつもりはありません(苦笑)。そんなわけで、何か少しでも進歩があったら、多分こちらのブログで、こっそりちまちま綴る形になるかと思います。


(4月14日追記>カラオケUGAの「テンポが速くて1>2>3>5番」というバージョンは、コロムビアのSPバージョンと、ようやく判明しました。あー、すっきりした・・・!しらべた顛末は、もうちょっと情報がまとまった後、あらためて当ブログにUPいたします)
[PR]
by kimagure_goten | 2005-04-11 01:16 | 小特集:「東京ラプソディ」